▲page top
HOME

最明寺からのお知らせ

4/23 桜フレンチ精進料理が開催されます

323S02.jpg

『4/23(金) お寺で本格フレンチ精進料理を食べてみませんか』

最明寺で恒例となった、肉を使用しない精進料理とフランス料理を掛け合わせた
フレンチ精進料理の会を開催致します(※今回はヴィーガン対応ではありません)

こちらは曹洞宗の大本山・總持寺で修行し、精進料理を学んだ後に
現在は箱根のオーベルジュでフレンチシェフとして勤務される
折橋大貴師を講師としてお招きし、地元・埼玉の食材を使用した料理を作っていただきます。

今回はサクラの季節に合わせ、桜を使用した料理も登場します。お楽しみください。メニューは以下の通りです。

 

トマトソース蕎麦
キャベツのポタージュ
アスパラとマッシュルームの春巻き
里芋のパテ
黒米餡のあんみつ

折橋大貴師.jpg

埼玉県で栽培された春野菜を使用した、正にここでしか食べることの出来ない
特別な料理となります。

ぜひ、この機会に他では味わえない非日常的な時間をご堪能ください。

※アレルギーをお持ちの方は事前にお申し付けください。
※坐禅の際には、スカートや足を締め付けるジーンズの着用などは御遠慮ください。
足腰の悪い方には椅子の御用意があります。

皆さまの御参加を心よりお待ち申し上げます。

 

参加申し込みは以下のPeatixのサイトよりお願い致します↓(限定25名様)

https://french-sakura.peatix.com/

ブルー最明寺.jpg

ブルー最明寺2.jpg

IMG_7828.jpeg

4/2から4/8にかけての一週間、最明寺が今年も青くライトアップされます。

毎年4月2日は国連が定めた世界自閉症啓発デー、そして8日までの一週間は日本では発達障害啓発週間と定められております。この期間は世界の様々な観光名称及び施設が「青く」ライトアップされ、自閉症・発達障害の啓発に努めます。

「青」は癒し・希望を表す色。この青い光を通じて、これらの障がいについての理解を深めたいとの思いがあります。最明寺は今年でこの活動に参加して五年目となります。(https://www.happy-autism.com/)

今年も期間中は毎日18:00から22:00の間、本堂を青くライトアップします。(雨天決行)

また、川越市のアートで障がい者をサポートする障害者支援施設あいアイ美術館(http://www.aiai-art.jp/)の生徒たちが描いたアウトサイダーアート(障がい者アート)の展覧会を期間中に本堂内で開催いたします。(毎日午前10:00-午後10:00)入場無料でどなたでもご覧いただけます。

独特な色彩感覚を持つと言われる自閉症の画伯たちが描いた素晴らしい絵画をご覧くださいませ。

この青い光が、支援を必要としている人々のもとで届くことをお祈りしております。

花手水フォトコンテストが開催されます

納品A4高画質.jpg

来月4月10日より約1ヵ月に渡り、最明寺と和菓子屋・彩乃菓、ベトナム雑貨・SunnySideTerraceの三店舗で「第一回川越花手水フォトコンテスト」が開催されます。

5月9日までの約1ヵ月間、3つの店舗で撮影した花手水をインスタグラムに投稿してください。たくさんのご応募お待ちしております。

<賞品>

最優秀賞1名 最明寺オリジナル花手水御朱印 プレゼント

優秀書2名 彩乃菓の彩り大福詰め合わせ プレゼント

入選2名 SunnySideTerraceの蓮の花手ぬぐい&ジャスミン茶セット プレゼント

<応募方法>

1、インスタグラムで「@saimyouji」「@ayanoka2016」「@sunnysideterrace」の3つをフォロー

2、開催期間中に最明寺、彩乃菓、SunnySideTerraceのいずれかで花手水を撮影

3、ハッシュタグ「#川越花手水フォトコンテスト」を付けてInstagramに投稿

<募集期間>

令和3年4月10日~5月9日

<審査方法>

実行委員会により厳正な審査を行います。

<結果発表>

令和3年5月15日 最明寺HPにて発表 ※当選者には発表当日にInstagramで最明寺公式アカウント(@saimyouji)よりDMでご連絡差し上げます。(なりすましアカウント等にご注意ください)

【応募規約】

・応募にはInstagarmアカウントが必要です。

・アカウントは必ず公開設定にしてください。

・応募は1人何作品でも可能ですが、必ず文中にハッシュタグ「#川越花手水フォトコンテスト」を付けてください。

・応募作品については、著作権などの権利が応募者に帰属するもの、被写体の肖像権などの他者の権利を含む場合は全て権利者の承認を得たものに限らせていただきます。

・内容が公序良俗に反するもの、第三者の著作権・商標権・肖像権等を侵害するもの、本人以外が撮影したものと判明したもの等は選考対象外となります。

・投稿された写真の著作権は応募者にありますが、使用権は主催者が有し、HP及びSNSにおいて無償で利用させていただく場合があります。

・当選連絡後、返信締切日までに連絡がない場合は当選が無効となります。

・賞品内容及び期間などのキャンペーン実施内容は都合により変更する場合があります。

・賞品の第三者への譲渡及び転売は固く禁じます。

・当選者からいただいた個人情報は主催者が厳重に管理し、当選者への連絡以外には使用しないことを約束します。

・投稿された写真に肖像権等の第三者の権利侵害があった場合、当実行委員会は一切の責任を負いません。作品に人物が写っている場合は必ず被写体及び投稿者の方の許可を得てください。

・本フォトコンテスト応募作品撮影の際に発生した如何なる損失・被害・費用・その他申し出について当実行委員会は一切の責任を負いません。

・景品の発送は日本国内に限定させていただきます。

・本規約は随時変更・修正する可能性があります。

当山の限定御朱印について

非常事態宣言の延長に伴い頒布期間を延ばしていた限定御朱印ですが、全て17日(水)を目途に頒布を終了いたします。

来週より新しい御朱印の頒布が始まりますので、是非お楽しみくださいませ、

亀屋お菓子.jpg

IMG_6223.jpeg

この度、和菓子・龜屋と最明寺は3/6に開催されるSAITAMA RAINBOW PRIDE2021にてレインボー上生菓子を共同開発しました(レインボーさいたまの会監修)(https://lgbt-saitama.wixsite.com/lgbt-saitama)
こちら龜屋本店にて100個、最明寺にて100個の計200個限定生産になります(売り切れ次第終了)
LGBTQのシンボルカラーである「虹」の6色をテーマに、薔薇をモチーフにした期間限定のオリジナルの商品となります。去年の5月に同性カップルのパートナーシップを認証する制度が始まり、多様性を認め合いながら自分らしく生き生きと暮らせる社会の実現を目指す川越市において、蕾から花が開花するように街の一層の繁栄を願いました。
名を『開花-bloom』と言います。同性カップルを認めるパートナーシップ制度を持つ川越が、今後より一層LGBTQフレンドリーな街になって欲しいとの思いを込めました

販売場所と販売日時は以下の通りです。

・場所 龜屋・本店(埼玉県川越市仲町4-3)HP: https://www.koedo-kameya.com/

最明寺(埼玉県川越市小ケ谷61番地)

・日時 3/6(土)『SAITAMA RAINBOW PRIDE 2021』より販売開始(売り切れ次第終了一個600円(税別)※最明寺では特製御朱印を授与された方に一つプレゼント)

最明寺の限定御朱印の頒布期間について

最明寺で頒布している限定御朱印のシリーズですが、コロナウイルスによる非常事態宣言下で参拝できないとの問い合わせも多く頒布期間を【三月上旬】まで延長させていただきます。

頒布時間は変わらず毎日9:00-16:00(12:00-13:00は休憩)になります。※郵送には応対しておりません。

皆さまのご理解とご協力のほど、よろしくお願い致します。

年末年始の花手水と御朱印について

IMG_4664.jpeg

年末年始の最明寺花手水の展示と御朱印の頒布については下記のとおりになります。

【花手水】

年末年始も変わらず展示を行います。入替えは毎週土曜日になります。

【御朱印】

年内 12/30(水)まで 年始 1/4(月)より開始 (12/31-1/3までお休みさせていただきます)

最明寺の花手水について

現在、最明寺で展開している花手水でありますがこちらの期間は年末年始も休まず続ける予定です。特に終了期間は設けておりません。(冬の期間は毎週土曜日が入替となります)全部で三箇所ございます。

11月からの花手水について

IMG_1721.jpeg

IMG_1569.jpeg

皆様にお楽しみいただいている花手水(はなちょうず)ですが

11月からは入替日が土曜日のみになります(午前中入替え)

花手水が飾ってある場所は境内の二箇所です。

現在は12月まで続ける予定です。(変更の可能性あり)

最新の情報は当山のSNS(facebook, Instagram, twitter)で発信して参ります。

引き続き、綺麗なお花をお楽しみください。

てらこや.jpeg

てらこや2.jpeg

てらこや3.jpeg

フードパントリーを開催している最明寺で困窮家庭の子供達を対象にした「寺子屋」が始まりました。最明寺では毎週月曜日、石原町にある本応寺では毎週木曜日の開催になります(小学生の部17:00~、中学生の部19:00~)

主催となるのは、「川越子ども応援パントリー」です(https://kawagoehinkonsympo.wixsite.com/kawagoepantry)

コロナウィルスの影響で一時的に学校教育が止まったことで、子供達の間で塾に行ける子とそうでない子の間で教育格差が生まれているそうです。元々、開催を予定していた寺子屋ですがそのような事情により開催が前倒しになりました。

今回の寺子屋には地元の大学生や退職職員、元プロの講師など様々な方がボランティアとして力を貸してくださってます。(基本的に先生と生徒のマンツーマンの指導になります)

「お寺」で開催することで、単に勉強を学ぶだけでなく講師の大人たちとの世代を超えた交流や家で一人で居ることの寂しさの緩和、心の安定の場として寺院を利用してほしいとの思いがあります。

「寺子屋」の名の通り、かつてお寺は子供達に勉学を教える場として機能していました。時代は変わり、今はそのような光景はほとんど見られなくなりましたが、現代の時代に即した在り方として再び「寺子屋」が復活することになりました。

これも地域の方々と協力し、人と人を繋ぐ街のハブとして寺院を活用していきたく存じます。