▲page top
HOME

最明寺からのお知らせ

【満員御礼】8/20ヴィーガン精進料理開催

フレンチ精進料理夏.jpg

精進料理2.jpg

折橋大貴師.jpg

8月20日(木)最明寺で恒例となったに肉を使用しない仏教の「精進料理」とオシャレなフランス料理を掛け合わせたフレンチ精進料理の会を開催します。

料理をつくるのは大本山・總持寺で精進料理を学び、現在は箱根のオーベルジュに勤務する僧侶・折橋大貴師(常泉寺・副住職)五回目の開催になります。県内の野菜生産者の方々からいただいた野菜が仏教の精進料理とフレンチを融合させた新しい料理へ昇華します。

さらに今回は、メニューを「ヴィーガン」(完全菜食主義)に限定した、より健康志向の食材を使用しての開催になります。ヴィーガンとはベジタリアンに加え、動物性の乳製品や卵も一切使用しないことを意味します。

現在、世界から注目を浴びるヴィーガンですが元々は日本人もヴィーガンとして生活していたことが知られています。

私達、日本人が肉を食べるようになったのは明治時代。それより以前は仏教の精進料理にちなんだ菜食主義でした。殺生を禁じ修行に専念する僧侶は古来より精進料理を食べて生活をしております。

新しい時代への寺院の開き方として、元々仏教がもつ素質を活かし地域の農家と連携しながら、様々な世代の人々へ仏教の良さや日本の食事の原点を知っていただきたいと思います。

多くの方のお申し込み、お待ちしております。

※コロナウィルス感染拡大防止対策としてソーシャルディスタンスの確保、飛沫防止パネルの設置などをしております。

【当日メニュー】

・マッシュルームのパテ・バゲットを添えて

・椎茸とミョウガ、ドライトマトの冷製パスタ

・夏野菜のサラダ オレガノドレッシング

・トウモロコシの冷製スープ

・モヒート風スイカのシャーベット

日時:8月20日(木)12:00-13:00 座禅 13:00-14:00 フレンチ精進料理

料金:おひとり様3500円

最明寺に花手水が飾られております

IMG_0390.jpeg

DSC_7153.JPG

IMG_0389.jpeg

京都でよく知られる「花手水」(はなちょうず)が最明寺でも期間限定で飾られております。

11月中旬ころまで、季節の花々を使用して行います。宜しければ是非ご覧になってくださいませ。

境内の水瓶に、季節の花を活けております。週に数回、入替をしておりますが生花故に常に綺麗な状態を保てるわけではありません。その為に、入替や清掃のため花がないこともありますがご了承願います。

IMG_0098.jpeg

IMG_0100.jpeg

IMG_0099.jpeg

東京国際大学の並びにある障がい者支援施設「あいアイ美術館」(http://www.aiai-art.jp/)の生徒さん達が来年の最明寺アウトサイダーアート仏画展のスケッチに来てくださいました。

仏画は描くのが難しいイメージがありますが、彼らの持つ独特の感性と色彩感覚でどのような絵に仕上がるのか今から楽しみですね。

これからの地域に根差した寺院として、様々な活動を展開して参ります。

おてらおやつクラブ6月発送会

IMG_5334.jpeg

IMG_5331.jpeg

お寺から一人親家庭などの生活に困難を抱えるご家庭を、お供え物で支援するおてらおやつクラブ(https://www.saimyouzi.com/

今月も地域の方々から、多くのお菓子をいただきお送りさせていただきました。

コロナで集まれることが出来なかった子供達にも、たくさんのお菓子を食べていただきたいですね。

(最明寺へのお菓子のご提供、常時受付ております)

次回の発送日は7月下旬になります。

NHKあさイチにて放送されました

IMG_4156.jpeg

IMG_4160.jpeg

IMG_4162.jpeg

IMG_4157.jpeg

5月20日(水)のNHKあさイチ(朝8:15~)に最明寺フードパントリーが紹介されました。

「コロナでもつながりたい」のテーマのもと、各地域でコロナの影響を受けながらも新しいことに取り組む姿勢を取材していただきました。

こちらのフードパントリーは川越にて毎月開催されており、市内の寺院が会場となっております。

最明寺では毎回80組のご家庭が参加いただき、セカンドハーベストジャパンをはじめとするフードバンク、地元の和菓子屋、野菜生産者の方々よりいただいた食料をお渡ししております。

現代では寺院は死後にお世話になるというイメージが定着しておりますが、元々は人生を通じて関わっていける場所として建てられました。

人々の生活・悩みに寄り添える寺院として、これからも地域の皆様と共に街を盛り上げて行きたく存じます。

最明寺では次回は7月の開催になります。

東京新聞に掲載されました。

東京新聞3.jpg

5/1の東京新聞朝刊に最明寺が掲載されました。

都内でLGBTQの啓発をおこなう「東京レインボープライド」今年はコロナウィルスの影響により、オンラインでの開催となりました。

TwitterやFacebookなどの各種SNSを通じ、各々が虹色(レインボー)の柄の写真を上げることで、性の多様性の受け入れを表明するイベントとなります。

最明寺副住職が虹色の輪袈裟を着用している写真が掲載されております。

仏教はその性質上、人の性別や職業、人種などを不問とします。慈悲の心さえ持てば誰しもが安楽の境地に辿り着けるというのが仏教の根本の教えです。

今や10人に1人がLGBTに該当すると言われております。この数字は最早マイノリティではありません。寺院という立場で、どのようにしてLGBTの方と関わっていけるか、仏教界でも話題となっているテーマです。

最明寺も、LGBTの方を差別しないLGBTフレンドリーな寺院を目指しております。

フードパントリーが開催されました。

A77802CE-5B19-451A-A09C-98CA5CF6FB5A.jpeg

4月26日最明寺で第三回目となるフードパントリーが開催されました。

フードパントリーとは、食糧品を無償で必要としているご家庭へ決まった日時に配布する活動になります。

今回は、コロナウィルス対策としてスタッフは全員フルフェイスのガードを装着し、受付にも透明のフィルムを貼り付けるなどの対応をしての活動となりました。

5671505F-8A85-4CC3-A1D7-F3993380B280.jpeg

今回も、日本最大のフードバンク・セカンドハーベストジャパンをはじめ、野菜生産者の方々、行政を通じての給食センターから等、たくさんの支援者から多くの食べ物・調味料をいただきました。

C6C498B0-5542-4EF3-8B56-5F223D484681.jpeg

DF6D8E11-FD0B-4F77-AE06-B5211BE22AF0.jpeg

0ADA392D-28C0-4A43-939E-B06482B05B8D.jpeg

次回は5月の開催となります。

引き続き、よろしくお願いいたします。

LIGHT IT UP BLUE 最明寺の開催について

写真1.jpg

4月2日より開催が予定されているLIGHT IT UP BLUE KAWAGOE IN 最明寺 2020ですが、先日の大野埼玉県知事による土日の外出及びイベント関連の自粛声明を受けまして、開催を以下のように変更いたします。

・4月2日~8日 最明寺本堂ライトアップ(毎日17時-22時 雨天決行) 予定通り開催

4月2日~8日 アウトサイダー(障がい者)アートの青い展覧会 by あいアイ美術館(毎日10:00-22:00)予定通り開催

・4月4日 三遊亭鬼丸チャリティー落語会  延期(10月に開催予定)

・4月5日 青く光る本堂での坐禅・ヨガ体験 中止

・4月6日 フレンチ精進料理の会 延期

開催はライトアップと展覧会のみに限定し、他のチャリティーイベントを自粛させていただきます。また、本堂内での展覧会に関しましてもアルコール消毒液の設置や堂内の換気を徹底して参ります。既にお申し込みをいただいた方には、このような形になってしまい大変申し訳ございませんが、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

最明寺本堂をYOUTUBEでご覧になれます

コエドノコト1.jpg

川越の観光地を紹介するアプリ・コエドノコト(https://koedonokoto.jp/)の

Youtubeチャンネルで最明寺を紹介していただきました。

実際の本堂内の風景や、勤行の様子などを動画で見ることが出来ます。

ぜひご覧になってくださいませ。

こちらからご覧になれます。

https://www.youtube.com/watch?v=msADV4pL2XQ

IMG_1901.jpeg

3月12日(木)と28日(土)に最明寺で、行政と市民団体と寺院が連動した全国初のフードパントリーが開催されます。

皆様は、フードパントリーという言葉をご存知でしょうか。

パントリー(pantry)とは英語で食品や飲料を日ごろから備蓄するための場所を意味します。

フードパントリーとは、その備蓄してある食べ物等を決まった日に決まった場所で必要な方へ提供する活動になります。

今回、長きに渡りフードロス問題に取り組み食品メーカーや農家・個人などから廃棄される前の食品を引き取り、必要な人に届ける活動を続けていたセカンドハーベスト・ジャパン(http://2hj.org/about/)様が食品を提供してくださることになりました。

そして、その会場に最明寺が使用されます。

86266070_178300210110929_3589040123267776512_n.jpg

85052047_481101615906792_8039329821991370752_n.jpg

※既に申し込みは定員に達しております。

この活動の背景には、川越において日頃から家庭に貧困問題に取り組んでいた『なくそう!「子どもの貧困」川越シンポジウム実行委員会』の方々が、行政と連携しながら様々な活動を展開していたことにございます。

ご存知の通り、川越は非常に寺院が多い街です。

今回、パントリーを開催できる広い場所として「お寺」という場所に焦点があてられました。

今でこそ、一般的に葬儀式を行うだけの場所という認識が広まってしまった日本の寺院ですが、本来の役割は寺子屋や駆け込み寺として地域の人々の悩みや不安に寄り添うための場所でありました。

いま、新たな令和の時代に入ったことで私たち寺院も変わる時が来たと感じております。

地域に根差した寺院に戻すために、いま何が出来るのか。何をすべきなのか。

今回、素敵な御縁をいただくことが出来ました。

シンポジウム.JPG

先日、川越市長との面談においても「お寺がもっとこのような場所として、活用することが出来れば」とのお言葉をいただきました。

行政と市民団体と寺院が連動した全国初のフードパントリーがいよいよ始まります。

コロナウィルスが蔓延している現在、学校が一斉休校となり食べる物がない貧困家庭の子供達が大勢いるようです。

残念なことに、こども食堂も相次ぐ中止が重なっており、食べ物が行き届かない子供たちは増える一方です。

こんな時だからこそ、フードパントリーが必要な時だと思います。

『クラウドファンディングへのご協力のお願い』

今回、この事業の開催にあたりクラウドファンディングを同時開催しております。

https://faavo.jp/saitama/project/4263?fbclid=IwAR3Vnl7RMF12rLuqzCS_XNcO9GNwSdxsgj19f6YT_iPeUkSiBy4tmQAaLZI

このクラウドファンディングは、「子どもの貧困問題」を知るための入門書として、またそれを解決するための「ガイドブック」として活用できる今まで『なくそう!「子どもの貧困」川越シンポジウム実行委員会』が行ってきた活動の報告集をつくるためのものになります。

やはり、いきなりフードパントリーを開催すると言っても具体的に何をしているのか団体なのか、言葉では説明しづらい部分もあるかと思います。

市民や企業、寺院の協賛を今後得て行くためにも、今まで団体が行ってきた活動の軌跡を、写真などを用いて一冊の本として出版することを目標としました(発行は1000部ほどを予定しております)

宜しければ、この報告書の作成費に向けたクラウドファンディングに是非ご協力のほどよろしくお願いいたします(3月30日締め切り)